脱毛方法にはどれほどの種類があるの?

毎年脱毛を決意するも、なかなか実行に移せないあなた、その理由は脱毛の種類の多さで迷ってしまっているのもあるのではないでしょうか。実際、脱毛にはどれほどの種類があるのでしょうか?脱毛の方法は、自分で自宅で行う方法と、エステサロンや医療機関で行う方法とがあります。まず、自分で行う方法についてご紹介しましょう。
・カミソリ
・毛抜き
・脱毛クリーム
・ワックス脱毛
・テープ脱毛
・家庭用脱毛機器
家庭用脱毛器には、エステサロンで行われている光脱毛、医療機関で行われているレーザー脱毛、またサーミコンと呼ばれる熱で毛を焼き切りながら毛穴にも働きかける方法とがあります。それぞれ特色、利点や欠点がありますので、口コミをチェックして購入、実施することをおススメします。では、エステサロンや医療機関で行われている脱毛方法についてご紹介しましょう。
・レーザー脱毛
 本来なら医師しか扱うことができないレーザー光を、脱毛したい部分に照射します。すると毛根や周辺組織を破壊することで脱毛するという方法です。永久脱毛が可能で、短時間で脱毛ができるだけでなく、痛みも少ないところが人気となっています。
・電気脱毛
細い針を毛穴一つ一つに刺していきます。そうすることで毛根部分を破壊し脱毛していきます。流す電流の種類によって高周波法、流電法、ブレンド法などがあります。ブレンド法とは、高周波法に直流の弱い電流を流す方法なのですが、現在ではこれが主流です。針の種類によっても数種類あり、絶縁針脱毛、ニードル脱毛に分けられています。ニードル脱毛は主にエステサロンで、絶縁針脱毛は医療機関でのみ実施が可能な脱毛法になっています。
・光脱毛
レーザー脱毛に似ているのですが、レーザーよりもやや光が弱いのが特徴です。レーザー脱毛よりも価格が安く、痛みも弱いのが人気の秘密です。
脱毛といってもいろいろな方法があります。脱毛にかけられる時間、永久脱毛したいのかそれとも薄く目立たなくしていきたいのかによって脱毛方法は異なります。また、脱毛方法それぞれに強みや弱みがありますので、口コミでチェックするなどしてきちんと理解してから選択することをおススメします。